So-net無料ブログ作成

FSHが初の一桁! [顕微授精周期]

 113年間で一番暑い夏を過ごしている皆様、お疲れ様です…。こんな暑い夏が、毎年は続かないよう祈っている今日この頃です…[ふらふら]

 お陰様で父の手術は無事成功しました。ご心配頂いた皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m。術後10日ほどで退院でき、現在は普通食を普通に食べているそうです。胃が3分の2もなくなったのにね。人間の体ってすげー、と思わずにいられませんでした(^^;。

 10回目のAIHもあえなくリセットとなりました。
 次の周期をどうしようか、考えはまとまらないままでした。

 うっすら考えていたのは、カウフマン療法を何周期か行おうか、ということ。FSHを下げて、卵巣環境を整えることを優先的にするべきじゃないか、と思ったのです。
 私の場合、カウフマンをすると逆にFSHが急上昇してしまうので、基準値(3~10)くらいに下がるまで、何周期か続けて行わなくてはならないだろう、と覚悟を決めていました。その間、排卵は起きないので妊娠の望みはゼロになります。

 それでも構わないから、卵巣の環境と、加えて自分の体調、メンタルの調子も整えていきたい、と考えていました。父の病気のことを聞いてから(厳密に言うと、聞く直前から)、胸と胸の間が痛くて、メンタルが低下していることを感じていました。今回、リセットを迎えて一旦痛みはなくなっていますが、時々思い出したように痛みを感じることがあります…。

 でも、ピルを何ヶ月間も飲み続けていいんだろうか、という考えもあったり、カウフマン以外でFSHを下げる方法はないんだろうか、と思ったり、潔く踏ん切りをつけることができずにいました。

 そうして迎えたD3。ホルモンの検査をしにキネマへ行きました。

 8/31(火) D3

 採血をした後10階のラウンジで待機。2階へ呼ばれるまで(結果が出るまで)1時間くらい、それから診察室へ呼ばれるまでに30分ほど待ちました。偶然かもしれないのですが、待ち時間が妙に長い時の検査結果は、大抵あまり良くないんです…。生理前のメンタルの低下ぶりはひどかったし、胃腸の調子も悪いし、最近また夏バテ気味になってきたので、きっとFSHは今までにないくらい悪いんじゃないか、と予想していました。

 診察室で告げられた検査結果は、

 FSH:6.44
 LH:3.62
 E2:36.2

 FSHが6.44? なんか聞き慣れない数値だな?
 あれ?? ひ、一桁じゃん!!!!

 なになに、一体どうしちゃったの??と、めっちゃ気が動転しました。てっきり最悪な数値を告げられると思っていたのに。体調やメンタルの調子もあんなに悪かったのに。

 恐らく、6月から服用を始めていたDHEAが功を奏してきたのではないか、と思います。テストステロン(男性ホルモン)が上昇して、吹き出物ができたり、体毛が濃くなったような気がしたり(旦那さんは「変わってない」って言うんだけどさぁ…)、副作用を感じてはいたけど、FSHへの影響はあまり感じられなかった。それが服用から3ヶ月目にしてやっと効果が現れ始めたようです。

(DHEAを服用する経緯の記事はこちら→「お休み周期&DHEA」

 E2がちょっと少ないですけど、気にしなくていいです、と先生に言われて、やっと他のホルモンの数値に目がいきました。確かに、E2がいつもの半分くらいだ。

 刺激して採卵できますよ、と言われたのですが、全く想定していなかった展開なのですぐに判断できませんでした。

 とりあえずエコーで卵巣の様子を確認してみましょう、ということになり、内診室へ。

 同じくらいの大きさの卵胞が左右に3つずつ位ありました。育ってきそうな卵胞がありますねー、とのこと。

 どうしよう。 採卵する? 刺激できるぞ? 
 自分に聞いてみて、結果、刺激をして採卵する、と決めました。

 先生に採卵します、と伝え、刺激法についての話になりました。カルテをパラパラみた後、先生は低刺激法で行きましょう、と宣言。経口薬の排卵誘発剤・クロミッドを服用し、D5に排卵誘発の注射(フォリスチム)を打って、D7にもう一度卵胞の様子を確認しましょう、というスケジュール。

 低刺激周期で採卵できる卵子の数は1~3個ほどです。待ちに待った一桁のFSH、できればガツンと刺激して、10個以上の卵子をGetしたいものだ、と思っていたのですが、キネマでは基本的に低刺激から始めていく方針なのです。要は体質(卵巣)に合っているかいないか、なのかな、と思ったので、今回は低刺激でいくことを決意。

 診察室を出た後、看護師さんからクロミッドの服用についてお話がありました。
 D3から毎日1錠、朝でも晩でもいいので食後に服用すること。とりあえず10日分処方するので、採卵日が決定するまで飲み続けて、足りなくなったらまた処方します、とのこと。

 低刺激とはいえ、刺激をしての採卵周期は今回が初めてです。ちょっとドキドキ

 体調をちゃんと整え切れてないのに、体外授精に踏み切ってよかったの? とつぶやくもう一人の私がいました。FSHが一桁だ、っていう勢いで決めちゃってよかったの? 命に責任を持つ、って、あんなに言ってたよね?

 命に責任を持つ気持ちに変わりはないよ。悔いのないように、これから先、自分の体を整えて万全の体制にするんだ。勢いで決めちゃったかもしれないけど、赤ちゃんがやってきてくれるかどうかは自分で決められることじゃない。チャレンジしてみてもいいはずだよ…。

 自分の気持ちに折り合いをつけるのに数日かかりました。やると決めた以上、悔いが残らないように取り組んでいくだけなのです。

 
 9/2(木) D5

 診察はなくて、注射だけの来院。
 受付の後、処置室へ呼ばれました。
 処置室の壁に、「注射のみの方は以下の時間にご来院下さい」という張り紙があったのを、治療を始めたばかりの頃から見ていた。注射だけで来院、ってことがあるんだー、と思っていたのに、今自分がその「注射だけの人」になっている。不妊治療を始めてから、もう大分経つもんなー…。

 注射したのは排卵誘発剤のフォリスチム150単位。リコンビナント(遺伝子組み換え)FSH製剤です。卵胞刺激ホルモン(FSH)のみ含む、という純粋なFSH製剤で、これまで使われてきたヒト尿由来のhMGのように不要なタンパク質やLHを含んでいません。

 お尻か肩に注射します、と言われ、お尻にお願いしました。筋肉注射。薬剤が注入されている間ももちろん痛いんですが、注入して針を抜き終わった後が痛いんです[もうやだ~(悲しい顔)]。痛みが後から襲ってくる感じ。不思議な注射だよなー、と思う…。よくもみ、よくもみ、よくもんで、痛みをこらえました。

 受付→注射→会計まで30分もかからなかった。さすがに注射だけだと早い~。お会計は¥8,160。フォリスチムは高いっす…。hMGだと¥3~4,000位らしいのですが。新薬だったそうだけど、もうそろそろお値段下がったりしないのかしら~[あせあせ(飛び散る汗)]

 

 というわけで、思いがけず体外授精に再びチャレンジすることになりました。初めての移植をしたあの周期からもうすぐ4ヶ月。再チャレンジするのに丁度いい時期だったのかもしれません。

 クロミッドとフォリスチムがどう卵胞を育ててくれるのか、次の診察が楽しみでもあり怖くもあります…。

 とにかく、後悔だけは、したくない……。やるべきことをやっていきます[手(グー)]


nice!(5)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 5

コメント 7

にな

こんばんは。
お父様の事、手術が本当に本当に良かったです。
私の父も病気知らずだったのが最近いろいろあって体重が20kgくらい減り心臓の薬を飲み始めるようになったりしてたので、pawpawさんの前回の記事を読んだ時なんというかとてもショックで何を言ったら良いのかわからずコメントできませんでした。言い訳になっちゃいますね、すみません…。
それとFSH、良かったですね!DHEA?効くんですね~。なんか、今回、運命の良い流れが来ているような感じがしますねo(^-^)o。卵の調子も良さそうだし。
また自分の事ですが、父の事以外にも今までの人生で一番くらい衝撃的なアクシデントが起こり、記憶にある限り初めて卵胞がはじけず無排卵となってしまいました。AIHが無駄になりました(^。^;)。
一度こうなると来期は排卵するのかと本当に不安です。
pawpawさん、是非今回は良い流れに乗って、後に続かせてくださいね(*^o^*)。
応援しています。
by にな (2010-09-05 00:36) 

にな

2件続けてすみません。
お父様の事、手術が「うまくいって」と言いたかったのですが、抜けてしまってすみません(>_<)。
それになんか自分の事ばかり書いてしまったようで。。
pawpawさんのブログは、私が赤ちゃん待ちを始めて悩んでる時、初めて読ませていただいたブログなんです。
いつもご主人と仲良く淡々と頑張っておられる文章を読んで、コメントにも丁寧なお返事をいただいて励まされています。
頑張りましょうねo(^-^)o。
by にな (2010-09-05 00:50) 

sachi

pawpawさん、こんにちは!
ついに刺激周期ですか、ドキドキですね!
でも「になさん」も書いていらっしゃるように、pawpawさんに良い流れが来ているんじゃないかって私も感じました。

ところで、FSHにしたのはご自身の希望ですか?確かにお高いけれど、私も一度やってみたいなと思っています。先生に自己申告すればやってもらえるのか・・・。以前「高いからそれでなくても良いですよ」と言われたことがあったので、いつも迷ってしまって。

あと、看護師さんから聞いたのですが、よく揉むのはクスリをちゃんと浸透させるためだそうです。私はしこりになって痛くならないようにだと勝手にずっと勘違いしていて、でも揉まなくても痛くならないのでサボっていたのですが、そんな理由だったのか!と今までの自分を恨みました(笑)

しっかり揉んだpawpawさんにはちゃんと浸透してますよ、バッチリ効いてくれますように☆
卵ちゃんがきれいに育ってくれますように♪

次の更新も楽しみにしています。
by sachi (2010-09-05 11:34) 

かえるんるん

はじめまして。
私もキネマアートに通っていて、
8月に初の体外受精だったので、
書き込ませていただきました☆

お父様の手術、うまくいってよかったですね。
ひと安心ですね。

FSH、1桁すごいですね。よかったですね。
私は、体外受精をするまで、そんなこと全然しらなくて、
pawpawさんの日記を読んで、「私はなんだっけ?」と、
思い出しました。

筋肉注射、痛いですよね。
私は、腕とおしりに交互にしてもらいました~。
4ヶ所ローテで(笑)

ところで、10階にノートがあるのですか?
見たことがないのですが、
どこにあるのでしょうか?
DHEA興味あります。

いい卵が採れるといいですね♪
by かえるんるん (2010-09-05 12:02) 

イチ

お父様、本当に良かったです。
ご本人が前向きな姿勢でいてくれると、ご家族もほっとしますよね。
普通食が食べられるなんて!お父様、強い方なのですね。きっと病を撃退できますね。

FSH一ケタ、すごいですね♪
最近あちこちでDHEAの文字を見るようになり、広まりつつあるんだな、と思っていました。
いい卵ちゃんと出会えそうですね!

私の初採卵は低刺激で一個のみ。ISCIとなり、内膜の状態を見て5日目移植の予定でしたが、胚盤胞まで育たなかったので残念ながら移植はできませんでした。。
次回FSHの値次第では一周期お休みするか、もっと刺激を強くして、複数個の採卵を目指して頑張ってみようと思います。

お互い運命の卵ちゃんに出会えますように・・・☆
by イチ (2010-09-05 17:58) 

yuripe

こんにちは。以前一度コメントさせていただいたyuripeです。
良かったですね!FSH数値のこと。
そして、お父様の手術の成功のこと。
読んでいて私もうれしくなってしまいました。
ホント、つらいことがあっても、そればかりでなく良いことも
ありますよね。
順調にいくように願ってます!!

私は、キネマで10月に凍結してある受精卵ちゃんをもどすことを予定してます。
それまで、なるべく運動したりして体調を整えようと思ってます。
前、pawpawさんが老人並みの体だ・・といわれると書かれてましたが、私も同じようにいわれるんですよーー!
実際、私はpawpawさんよりもいくつも年上なんですが赤ちゃんのことは置いといても自分の体力のなさと向き合えて改善できて良かったなあと今では思っています。

お互いがんばりましょう。
応援してます。

by yuripe (2010-09-05 18:40) 

pawpaw

~温かいコメント&nice!ありがとうございました~


>になさん、
になさんのお父様もご病気なんですね。前回の記事で辛い思いを甦らせてしまってごめんなさい…。父の病気のことで、また命と向き合うことになった気がしています。父が頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃ、と思っています。
FSHが下がったことで、仰るとおり「運命の良い流れ」というか、風穴が開いたような気がしています。
無排卵の卵胞、不安になるし心配だけど、人為的につぶす処理もあるようなので、きっと大丈夫。気まぐれさんの後は素直でいい子の卵胞さんが育ってくれるはず、と思います。
私こそ、コメント頂いて励ましてもらっています。WEBの大海原の中から私のブログに出合ってくださって、自分のことのように心配してくれる方がいて…。記録のために始めたブログだったけど、今では不妊治療を続ける支えになっていると思います。
になさん、大変な状況でも明るく頑張ってる雰囲気を感じます。私も頑張りますね!


>sachiさん、
sachiさんも「良い流れ」感じて下さいましたか。なんか、うれしーな~。お陰様で、やっと刺激周期を迎えることができました(/_;)。
リコンビナントFSHは、前回の体外授精周期で一度希望したことがあったんです。その時の経緯があったので、今回自動的にフォリスチムになったんだと思います。使う人が増えれば薬価も下がる、とその時聞いたんですけどね~…(^^;。
筋肉注射の後に揉むのは薬を浸透させるためだったんですね!私は痛みを和らげるためかと思ってました。そのお陰か、卵胞さん達はまずまずの成長をしており、実は、明日採卵です(^▽^;)! 頑張って痛みに耐えてきます~。


>かえるんるんさん、
初めまして、コメントありがとうございます。
父のこともご心配頂いて、ありがとうございます。
かえるんるんさんもキネマに通ってらっしゃるんですね。
私も体外授精に進むまでFSHのこと全然知りませんでした。なんか、もっと早く知ってても良かったんじゃないか、と思いました。
FSHが一桁になって、心なしか卵巣の反応も良くなってるように思います。
私は注射・採血が本当に苦手で、筋肉注射はいつもお尻にしてもらってます。肩だと意識が近い、というか緊張感が強くなる気がして…。お尻だと遠のくので、お尻の右・左ローテでやってもらってます(^^;。
10階のラウンジの窓際に「なんでもノート」というのが置いてあります。直近のは確か⑦だったはずなんですが、なぜかここしばらく置いてなかったと思います。昨日は①と⑥だけ置いてありました。あのノートを読むと、みんな頑張ってるんだ~、って思えて、すごく勇気もらえます。
お互い頑張りましょうね!


>イチさん、
父のこと、ご心配頂いて本当にありがとうございます。
そして、初採卵お疲れ様でした…。
うちの父は多分、結構運が強い人です。体力もあるのかも。術前のようにはまだ体は動かせないようなのですが、買い物とか車の運転はもう普通にしているそうです。体力が順調に回復することをいつも祈っています。
DHEAの効果は結構イイかも、と、今回思いました。ただ、ホルモン値のモニタリングは必要かな、と思います。最終的に着床してくれる(この世に生まれてくれる)卵ちゃんが育ってくれるといいな~、と思っています。
イチさん、移植ができなかったこと、本当に残念です…。やはり胚盤胞まで育てるのって、大きな壁ですよね……。私も今回移植までこぎつけられたら、どの胚で移植するのか、先生と昨日決めたばかりなのに、まだ心が揺らいでいます(桑実胚で移植の予定です)。
多分、次回に向けての選択肢は色々あるのでは、と思います。先生と納得いくまで相談して、お互いに悔いのないように治療を進めていきましょうね。運命の卵さんに会えることを願って…。


>yuripeさん、
父の手術のことも気にかけて頂いてありがとうございます。
治療の停滞感とか、父の病気のことを知った時のこととか、本当に気が塞ぎ込みがちだったのですが、やっと光が見えてきたような気持ちになっています。
私の服用している漢方薬(六味丸)は、主にお年寄りに処方される薬らしいんですよ…(>_<)。それと、整体に行ったら、骨盤内にある仙腸関節という間接の可動域が60代並みだと言われました…。「体を動かしてない証拠だ」と言われて、最近ウォーキングをしています。
ベビ待ちをしなければ、自分の体をほったらかしにしていたかもしれません。だから、自分の体と向き合って、現実を知ったのは良いことだったのかもしれないです。
赤ちゃんを授かれるかどうかは別にしても、自分の体のメンテナンスはこれから先、それこそ60代とかになってもしていきたいな、と思っています。
応援ありがとうございます! 一緒に頑張りましょうね。


>りなっちさん、
>ヒロさん、
>HANAさん、
>曽根 和広さん、

nice!ありがとうございます。
by pawpaw (2010-09-09 21:48) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。