So-net無料ブログ作成

転院してからのこと [妊娠後期]

 なんと今、妊娠10カ月に入っています。いわゆる「臨月」というやつです。
 来週に入れば赤ちゃんがお外で生きていける状態での出産となる、 「正期産」になります[ぴかぴか(新しい)]。もう「早産」ではなくなるのです[exclamation] 私の目下の目標は、なんとか正期産まで赤ちゃんにお腹の中にいてもらうよう、ひたすら安静にしていることです。。。

 転院してからのことを全く記事にしていなかったので、先にその記録をしておきたいと思います。

27w1d

 出産予定だった近所の病院で、低置胎盤であることを理由に周産期母子医療センターになっている大学病院への転院を指示され、紹介状を持参して大学病院の初診を受けに行きました。 

 待たされるのを覚悟していたのですが、産婦人科外来で受付をして1時間強ほどで問診室へ呼ばれ、それから40分後には診察を受けていたと思います。

 高度生殖補助医療を経ての妊娠であること、精神科での治療歴があること等々確認があって、最初に経膣の超音波検査を受けました。カーテンは閉まったままでモニタの画面を見ることが出来ず、先生とお付きの先生達で何やらごちゃごちゃ話しているのですが、何を言っているのか分からず…。何か良からぬことがあったのではないか、と思って、半分泣きそうな気分でした。

 検査が終わって、カーテン越しに先生とお話をしたのですが、胎盤の位置は子宮口から1.8cmと言われました[目]。前の病院では0.8cmと言われていたんですが、と言うと、測り方が違う?とかなんとか…。うちでは角度をつけて測ってるけど、多分直線距離を測ったんだろうねー、と言われました。病院によって測り方が違うということがあるのでしょーか。。。

 さらに、「胎盤の血流が良すぎるんですよ」とも言われました。「だから、出血しちゃったら大量になるだろーねー」とのこと…。胎盤の血流がいいのは本来的には良いことなのでは~?[もうやだ~(悲しい顔)]、と思っていると、「いいんだか悪いんだか、だね」と先生にも言われました[あせあせ(飛び散る汗)]

 「もし少しでも出血があったらあとはずっと入院になるから、そのつもりでいてネ」と言われ、長期入院と、早くに赤ちゃんを取り出す可能性を認識しました。

 続いてお腹の上からのエコーがあって、赤ちゃんの様子を見ることができ、初めて少しほっとしました[わーい(嬉しい顔)]
 前の病院で性別が二転していたので、試しに「性別分かりますか?」と聞いてみたところ、男の子だと言われました。エコーの角度によっては確かに女に見えるけど、シンボルが見えてるから、とお墨付きをもらい、証拠写真までもらってしまいました(^^;。

  生活の安静度を質問してみると、ウォーキングもヨガも運動は一切ダメ、「夫婦生活[ムード]」もダメ、家事や仕事は必要だからしてもいいけど、必要じゃないことは極力しないように、と言われました…。

 最後に、超音波の精密検査を受けるように言われました。40分くらいかけて赤ちゃんと胎盤の様子を精度の良い超音波でみて、画像を撮るとのこと。精密に知ることがいいのか悪いのか…、と少し複雑な気分になりました。

 初診を終えた印象は、私(と赤ちゃん)はきっとサンプルの一つなんだろうなー、ということ。大学病院だから当然なんだけど、元の病院のような「ほんわかマタニティ[かわいい]」な雰囲気はないよな~、と思ったのでした。思い描いていた出産とは違うものになりそう、という印象を一層強くしたのですが、赤ちゃんを無事に産むためだから[exclamation]、と自分に言い聞かせていました。

 

27w3d

 初診で指示された通り、超音波の精密検査を受けました。
 超音波の技師さんには何も質問してはならない、と言われていたので、ただ黙々と画像を撮っていくだけなのかと思いきや、案外色々教えてくださって、じっくり赤ちゃんの様子を見てられるし、思いのほか楽しんでしまいました[るんるん]

 この時初めて赤ちゃんのお顔をはっきり見たのです。宇宙人みたいやなー[たらーっ(汗)]、とは思ったけど、目口鼻がちゃんと分かって、想像していたよりも整っているというか、赤ちゃんっぽいように見えました。

 脳の血流も問題ないし、心臓の4室もきれいに分かれてますねー、と言われました。赤ちゃんには問題なさそう、とのこと[わーい(嬉しい顔)]
 超音波のプロープめがけて赤ちゃんが蹴りをくらわしているらしく、「蹴りますね~」と何回か言われました。。。

 一通り撮影が終わったところで、上級の技師さん?(もしくは新生児が担当の技師さん?)が登場し、画像をチェックしたり追加でいくつか撮影したりしていました。 その方からも、赤ちゃんには今の時点で分かる異常は特になさそう、と言われました[揺れるハート]
 ただ、胎盤がねー…、と言われ、ちょっと子宮口にかかってるように見えるんだよねー、と、前の病院と同様のことを言われました[ふらふら]。次回の診察で詳しい話を聞いてください、と言われ、この日は終了。

 

29w1d

 大学病院で受ける「妊婦健診」の初回の日でした。曜日毎の担当医制をとっている、ということで、この日に診てもらった先生が私の担当医の先生となりました。 

 要領が良く分からなくて、測定や尿検査をするのも右往左往という感じ…。
 担当の先生は女医の先生で、一緒についている先生も女性だったので、初診の時より安心感があったように思います。

 先にお腹の上から超音波。赤ちゃんは推定で1200g。心臓も活発に動いていて、先生に「赤ちゃん、元気[exclamation]」 と言ってもらえました[わーい(嬉しい顔)]。そう言ってもらえるのが、何よりうれしいのです[ぴかぴか(新しい)]

 続いて経膣の超音波。胎盤は子宮口から1.7cmと言われました。初診の時より0.1cm下がってる~?[がく~(落胆した顔)]と思ったんですが、誤差の範囲です、と言われました。。。

 転院前の病院と同様、お腹が大きくなれば胎盤の位置が上がることもありますから、と言われたのですが、上がるかどうかは微妙かも、とも言われてしまいました[ふらふら]

 超音波の精密検査については、検査をした日よりも詳しい話というのは結局なくて、特に問題ない(胎盤の位置を除いて)、ということでした。

 

 この日、初めて助産師さんとお話しする機会があり、健診後に保健指導を受けました。
 転院してきた妊婦で、分娩が他の病院になるかもしれず、帝王切開か普通分娩かも決まっておらず…、みたいな感じで、私も助産師さんも困ってしまう場面が多々ありました[あせあせ(飛び散る汗)]

 初めて渡されたブックレットでお話をされ、それで妊娠後期の保健指導は終わり(=出産前の指導は終わり)。両親学級は全3回を同じ妊娠経過の人と受講することになっていて途中参加は不可(日程的にも無理、と言われました)、立ち会いを希望して、立ち合いが可能な状況だったら、夫婦での個別指導になる、とのこと…。
 私、こんなんで出産に臨んでいいんでしょーか[exclamation&question]、と不安になりました。

 ただ、この時の指導でお腹の張りについてお話があり、休んでも治らない張りだったら連絡してください、と言われていて、それを思い出して病院に連絡でき、結果として早産を免れたのだと思っています…。

 

 ここまでが入院前の記録です。
 もう既に長くなってしまったので、今回はこの辺で…[あせあせ(飛び散る汗)]

 寒い日、雪の日、続いてますのでどうぞお気を付けください~[雪]


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 2

コメント 6

あみ

赤ちゃん、元気でよかった(o^_^o)出産のひまで守られるようお祈りしてますね。
私は、半年間準備をしてのぞんだ二度目の移植で撃沈し、落ち込み中です。
by あみ (2012-01-24 15:20) 

ちい

ご無沙汰しています。
大変乗り遅れてしまいましたが、妊娠おめでとうございます!
久しぶりにブログを拝見したら、pawpawさんのおめでたいニュースにびっくりしていました!!
本当におめでとうございます!

「いよいよ」といった心境でしょうか?
出産は未知ですが、愛しい我が子に会える為の大切なプロセスと考えてがんばってください☆

なんだか私まで緊張してきました(笑)

私の方はというと、撃沈に撃沈を重ね、現在も平行線上にいます(涙)
今月は何故だか今までやっていなかった卵管造影を受ける事になりました。
今はその恐怖心と格闘中です。。。

そして、治療に専念するために、4月から休職することに決めました。
金銭面で悩みましたが、体調管理と自分のペースで治療がしたい!という私の思いを尊重してくれた家族の為に。
今の自分に出来る最大限の努力をする時なのかな、と。

この休職中に結果が出ればいいなーと思っています。

pawpawさんの次のブログは出産報告ですかね!?
無事の出産、母子ともに健康である事、心から願っています☆

私も良き報告が出来るように頑張ります。


by ちい (2012-01-25 11:53) 

pawpaw

>あみさん、
判定の結果、本当に残念です…。
移植までの期間、頑張ってこられましたよね。前へ向かわれてるな~、と感じます。良い結果につながっていきますように。
赤ちゃんの無事を祈っていただいて、感謝です。ありがとうございます☆


>ちいさん、
お久しぶりです。コメントありがとうございました。
休職して治療に専念する決心をされたんですね。金銭面で…、というお気持ちよく分かります。でも、ご自分の体を大事にして、じっくり向き合うためには良い選択だったのではないかと思います。理解のあるご家族ですね!
卵管造影は痛い、とか色々聞くのですが、今までの検査でも頑張ってこられたのだから、きっと大丈夫!と思っています。新しいステップにつながるといいですね。
ここにきて私も不安・心配モード全開になっています(-_-;。ヘタレな私ですが、無事の出産ができるよう、頑張りたいと思います。。。
一緒にに頑張りましょうね!
by pawpaw (2012-01-27 14:53) 

ゆら

pawpawさん、はじめまして。
ゆらと申します☆
不妊治療始めて間もなく、周りに相談する人がいなくて悶々としていました…
ここでpawpaw さんのblogをよませていただいて勇気をもらいました。
不妊治療は長い道のりと覚悟はしていますが先が見えない不安でいっぱいでした。
Pawpawさんの文章をよんで、私はまだまだだなぁと思いました。治療の中で私も想像つかない辛いこともあったと思います。
それでも前向きな気持ちや赤ちゃんに対する深い愛情を持ち続けて…
頭が下がる思いです。
Pawpawさんの周りに愛情を持って、感謝して生きる姿を見習いたいです!
私も、焦らないで赤ちゃんが授かることのできる強い心と身体を作っていきたいと思いました(^o^)
Pawpawさんが妊娠されてほんとに嬉しいです☆
無事に赤ちゃんを出産されることを心からお祈りしています!

by ゆら (2012-01-31 12:13) 

あや

pawpawさん、無事に退院され、臨月に入られたとこと、おめでとうございます。出産、もうすぐですね。
あ、そうそう入院していた病院ですが、私も最初は富士山が見えるということで「同じ病院?!」と一瞬思いましたが、私は埼玉の市立病院でしたので「同じはずないわ」とすぐに気づきました(笑)。

pawpawさんのブログには本当にたくさん励まされました。気持ちが沈んだとき、よくpawpawさんのブログを開かせていただきました。
今日は、そのことでお礼が言いたくて書き込みしました。
ありがとうございます!
次は、出産の嬉しい記事が読めることを楽しみにしています。
by あや (2012-02-02 15:17) 

pawpaw

>ゆらさん、
初めまして、コメントありがとうございます。
不妊治療を始められたところなのですね。
なんか、スゴク褒めて頂いて、滅相もございませ~ん(>_<)という感じです。今もいつも、基本的にヘタレで弱い人間なので。。。
でも、不妊治療を通して多少鍛えられ、自分の体と向き合えて、心の方も折り合いをつけていくことができたのかなー、と思っています。
不妊治療の辛いところは、やっぱり先が見えないところですよね。
頑張っても頑張っても、結果が保証されるわけではないし、自分の力ではどうすることもできないことがある、ということを思い知らされる日々でした。
今お腹にいる赤ちゃんも、たくさんの奇跡や偶然が重なって、ここまで大きくなってくれたのだと思います。
私がすべきことは、無事に赤ちゃんをこの世界に生まれさせてあげること…、と思いつつも、出産の恐怖がこみ上げてくる今日この頃です(^^;(←ヘタレ)。
焦らないで、強い心と体を作りたい、というゆらさんの思いが素晴らしいと思います。どうか良い結果が待っていますように。
私も出産頑張ります。一緒に頑張りましょう☆


>あやさん、
コメントありがとうございます。退院後はいかがお過ごしですか?
あやさんの病院は埼玉でしたか。それはザンネンでした(^^;。
埼玉からも富士山がきれいに見えるんですよねー。新幹線の車窓から初めて見た時はびっくりしてしまったのでした。
このブログから何かしらポジティブな気持ちを持っていただけたのなら幸いです。一時はどうしようもなくネガティブなことばかり書いてましたので。。。
お陰さまで赤ちゃんはお腹にとどまってくれ、いつ生まれてもいい状態になりました。無事に生まれてきてくれたら、赤ちゃんをいっぱい褒めたいと思っています(^^)。
厳しい寒さが続いてインフルエンザも流行っているそうですから、どうぞお体気をつけてください。あやさんと赤ちゃんが無事に会える日が来ることをお祈りしています。
by pawpaw (2012-02-02 17:31) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。