So-net無料ブログ作成
検索選択
カウフマン周期 ブログトップ

体外に進むことすらできず、カウフマン [カウフマン周期]

 バタバタしている間にあっという間に4月になってしまいました[あせあせ(飛び散る汗)]

 前回の記事の続きです。

 8回目のAIHがリセットとなり、踏ん切りをつけて体外受精に進む決意をしました。

3/24(火) D4

 ステップアップを決めたと言っても、まだリセットのショックを引きずったままで、心は前向きになっていませんでした。

 クリニックに着いて、まず採血をするため処置室へ呼ばれました。
 採血をする看護師さんから「今回はどのような治療をされますか」というような質問をされ、唖然としてしまいました。電話で体外に進むと言っているし、そのための血液検査を今しようとしているのでしょう?!
 ではFSH、E2、LHの血液検査をします、と言われ採血。
 FSHは今回初めて検査するホルモンです。

 採卵は手術と同じ処置になるので、血液型(RH+-含む)、血液の組成(凝固性をみる)、感染症などについて、別途血液検査をするのだそうです。
 これらの検査は保険外になってしまうので、1年以内の結果があれば次回持参してください、とのことでした。血液型なんて子供の時以来検査してないよ…。

 10階のラウンジで1時間ほど待って、診察室へ呼ばれました。
 診察室で先生と、こうして新しい周期のことを話している、ということ自体がなんだか悲しくて、こみ上げてくるものを必死にこらえていました。

 それでは体外に進む、ということでいいですね?と念を押され、刺激法についての話になったところで血液検査の結果を説明されました。

FSH:11.1
LH:4.7
E2:79.9

 それぞれのホルモンについてまとめておきます。

FSH:卵胞刺激ホルモン…脳下垂体から分泌され、卵胞を育てるよう卵巣に働きかける
LH:黄体化(黄体刺激)ホルモン…成熟した卵胞をはじけさせ排卵を促し、排卵後の卵胞に働きかけ黄体化を促すホルモン
E2:卵胞ホルモン/女性ホルモン(エストラジオール:エストロゲンの一種)…卵胞の成熟、子宮頚管粘膜の分泌、子宮内膜の増殖などを促すホルモン。女性らしさを作り出している

 今回初めて計ったFSHですが、生理周期が始まったばかりの頃は、せっせと卵胞を育てる必要がないため、あまり分泌されません。
 しかし、卵巣機能が衰えていて反応が弱い場合、多く分泌されて「もっと働け~」と卵巣に働きかけようとします。
 生理周期始めの頃(D2~5)のFSHの値をみることで、卵巣の状態を把握することができるのです。FSHの値が高く、卵巣機能が衰えている場合、排卵誘発剤などの刺激を加えることはできません。その基準となるFSHの値は10以下。私のはそれを超えていたのでした。

 WEBなどでは、体外受精での注射や薬による刺激でFSHが高くなった、という話をよく見ました。しかし、私はここ3周期ほど排卵誘発剤を使わず自然周期でAIHをしてきました。卵巣へ負担はかけていないにも関わらず、FSHが高いということは、単純に老化によって卵巣が衰えている、ということなんだと思います… il||li _| ̄|○ il||li。

 FSHが高いため刺激を加えての体外受精はできない、と先生に言われてしまいました。

 期待と希望を込めて、腹をくくってチャレンジを決めた体外受精ができない。
 しかも、自分の生殖能力の衰えを、数値という形ではっきり示される、という二重のショックで頭の中が真っ白になりました。

 先生から提案された選択肢は三つ。①完全自然周期で体外受精をする②今までの周期と同様にAIHをする③FSHを下げるためのホルモン療法(カウフマン療法)をし、お休み周期とする、というもの。

 元々落ち込みモードで判断力が鈍っていたのに加え、二重のショックを受けた後ですから、頭がまともに働くわけがありません。しかもどれも気の進まない選択肢ばかりで…。
 ただ頭を押さえるしかありませんでした。

 そんな私を見かねて先生が提案したのは③のカウフマン療法でした。

 カウフマン療法は経口薬のホルモン剤とピルによって本来のホルモン状態を作り出し、ホルモンバランスを整える治療法です。人為的にホルモンを操作するため排卵は起こらず、タイミングもできない、完全なお休み周期となります。

 体外に進むことすらできず、タイミングをすることもできない、全く何もできない周期というのは初めてです[がく~(落胆した顔)]
 呆然としてしまいました。

 薬を飲み終わって1週間後に生理が来るはずだから、その時にまたFSHの検査をしましょう、ということで、診察を終えました。
 こんなことになるなんて、自宅を出た時には想像することもできませんでした…[もうやだ~(悲しい顔)]

 診察室を出ようとしたとき、「次回FSHを測ってみて、人工授精をする、というのもありだからね」と先生が念を押すように言いました。まだAIHをする余地がある、と言うことなのでしょうか。意気消沈している私にはとてもそうとは思えませんでした。

 待合室に戻って腰掛けると、情けないことに涙が勝手に流れて出て、止めることができなくなってしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]

 看護師さんがカウフマン療法で服用する薬について説明をしてくれました。
 プレマリンプラノバールという2種類の薬を、10日間づつ飲むこと(それぞれの薬の服用期間が書いてあるメモを渡されました)、決して2つの薬を同時に服用しないこと、プラノバールで吐き気を感じる場合は就寝前の服用でもよいこと、激しく嘔吐するようならクリニックに連絡して下さい、ということです。
 でも、薬を服用するだけの周期になる、という実感がまるで湧いてきませんでした。

 会計をすると、血液検査は保険外ということで¥14,650の金額を請求されました(診察料別途)。
 エコーもなく、血液検査だけなのに1万5千円弱というのは初めて見る金額です。頭をハンマーで軽く殴られたような感じがしました。
 3月は前回の周期の分があるので、E2の検査の保険内適用回数(自然周期:月2回、排卵誘発剤使用:月3回)を確かに超えているのですが、今まで1万円を超えたことはありませんでした。
 それとも体外受精のための検査だったので保険外だったのでしょうか。でも結局私は体外受精をすることができなかったのに、それでも保険外になるのでしょうか。
 疑問はぐるぐる頭の中を駆け巡るけど、質問をする気力はありませんでした。クレーマーでドケチなこの私が、結局言われるがままに会計をしていたのです…。

 クリニックを出て処方された薬を購入し、職場に向かいました。かろうじて2本の足で歩いていましたが、その中身はまるで廃人のようでした。
 人前では何事もなかったかのように振る舞うけど、字が書けないくらいの手の震えが久しぶりに起きて、メンタルも一気に落ちているのを感じました。

 夜、旦那さんに一部始終を話し、体外は結局できなかったと報告しました。
 痛い思いをする前に分かってよかったじゃないか、とにかく今は治療をしているのだから、前へ進めているんだよ、と慰められ、少し気持ちを楽にすることができました。
 どちらかというと旦那さんの方が体外へ進む希望を強く持っていたので、彼にとってもショックだったのでは、と思うのです(しかも自分のせいじゃなく妻側の原因なのに…)。
 そんな中、取り乱すことなく、置かれている状況でのポジティブな面を見つけられる、ってすげー、とは思うのですが、どうしてそこまで冷静でいられるのか、疑問にも思いました…。

 こんな結果になるとは知らずに10階のラウンジで読んでいたノートの書き込みが、私の心の支えになっています。
 FSHが20を越えていて、カウフマンとサプリメントを続けてようやくFSHを一桁にすることができ、やっと採卵、というところまでこぎつけたのに、エコーで見たら排卵済みだった…、という書き込み。そんな状況なのに文章のトーンはなんとなく明るいのです。
 強いな~、負けずに頑張ったんだな~、と前を向く勇気をもらいました[グッド(上向き矢印)]

 でも、粉々になった私の心が完全に回復したわけではありません。今まで乗り越えて押さえ込むことができたと思っていた負の感情が、一気に押し寄せてきています。
 自分の進歩のなさに本当に嫌気がさします[もうやだ~(悲しい顔)]

 ホルモンバランスが整ってくれること、心もお休みしてくれることを願って、今はただ機械的に処方された薬を飲み続けるだけです…。
 どうかFSHが下がってくれますように……。


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

リセット→体外へ進む決意をする [カウフマン周期]

 桜の花がほころび始め、本格的に春が巡ってきました。でも、いくら季節が巡ろうと、何の進歩も進展もない私です…[もうやだ~(悲しい顔)]

 8回目のAIHもリセットとなりました。
 新しい周期にかけてのことは、2回に分けて記録したいと思います……。

 ルトラールを飲み終わって3日後にリセットになるいつものパターンだと、昨年同様、結婚記念日に生理がくることになっていました。
 昨年は生理が来る正夢をみて、リセットを迎えていました(そのときの記事はこちら→「リセットな結婚記念日」)。
 今年もまた結婚記念日にリセットを迎えるのか、とブルーな気持ちで日々過ごしていました…。

 しかし…。ヤツはなかなかやってこなかった。
 午前が過ぎ、お昼を過ぎ、旦那さんと外出し、記念日のディナー食べる頃になっても、こない。
 時間の経過とともに高まっていく期待感と膨らんでいく妄想を押さえ込むのに、とにかく必死でした。泣きたいくらい必死だった。
 結局、結婚記念日に生理はこなかった。

 その夜の夢で、下着につけていたオリモノシートに経血が付いていました。朝起きて、トイレで拭ったティッシュに経血がついているのを確認しました…。リセットです。
 2年続けてリセットになる正夢をみてしまいました…[ふらふら]

 結婚記念日を悲しいリセットの日にしなかった神様のご慈悲と思うべきなのか、悪魔からじらされていじめられたと思うべきなのか、分かりません。

 あんなに素晴らしい精子君たちを、絶妙のタイミングで送り出しているのに、妊娠しない。
 これ以上、どう善処すればいいのか全く分からなくなりました。

 不妊治療を通して、自分なりに気持ちの整理をつけることができ、多少メンタルも強くなったかな、と最近自信すらもつようになっていました。
 でも、私が固めてきたと思っていた自信は、結局砂を固めてできたような代物でしかなく、それが今、底の方からサラサラと崩落していっているのを感じます。


 体外をいつから始めるか旦那さんと話し合いました。旦那さんは、いつでもOK!、目で確認できることが増えるのなら、早くそっちに進もう、準備はできているから[手(チョキ)]!と答えてくれました。
 でも、私はいまいち踏ん切りがついていませんでした。それに今花粉症だし、採卵の時にハックション、なんてしたら大変なことになるかも、と思ったりして…。
 ということで、体外に進むのは次周期以降にしよう、と一旦結論を出していました。

 しかし…。
 新しい周期のためにキネマへ予約の電話を入れたとき、もう人工授精をする気がすっかり萎えているのに気づきました。私の気持ちが、「人工授精はもうギブアップだよ!」と訴えてきたのです。

 でも、連休中に生理を迎えたためクリニックに予約を入れることができず、体外授精の周期をスタートさせるD3にはもう間に合わなくなっていました。
 電話に出ていただいた受付の方に、体外に進むにはもう遅いですよね?と聞いてみたところ、「D2~4までに来ていただければ大丈夫です」と言われ、何とか間に合うことが分かりました。
 仕事の都合などあったのですが、とりあえずD4に予約、体外授精周期をスタートさせることにしてしまいました。

 体外に進むと決めたことが、攻めなのか逃げなのか、分かりません。
 半ば勢いでステップアップを決めてしまいました。

 その日の夜、旦那さんに事後報告しました。
 妊娠率がAIHよりも上がるし、不妊の原因も分かるかも、と踏ん切りのつかなかった体外へ進むことに期待を感じ始めていました。
 そうして翌日の血液検査に臨んだのです……。

 この続きは次回にアップします……。


【春は別れの季節】

 日頃お世話になっている方が、4月から遠い遠い福井県に異動されることになりました。
 弱くてヘタレな私のことをいつも気にかけ、祈ってくれている方です。
 私はその方の存在を心の支えにしてきたので、移動の話を聞いた時はショックで涙がポロポロ止まりませんでした…[もうやだ~(悲しい顔)]
 その方がそばにいなくて、今まで通り生きていけるのか、正直不安です。でも、自分の力で歩いていくことがその方への恩返しなのかもしれない、と今は考えるようにしています…。


 そして、もうお一人。
 職場で大変お世話になっている上司の方が、来年定年退職を迎えるにあたって、今の職を離れることになりました。
 精神疾患の治療で半年もの間職場を離れていた私が今でも仕事をさせてもらえているのは、育休中の私の友人と、その上司の方のおかげです。
 その方は、女性が男性と同等に働く、という概念すらなかった時代から一線で働いてこられたのですが、変に力んだところやキツいところがなく、上品でおっとりしていて(おっとりし過ぎてたまに寝てるんだけど…^^;)、あくまで人対人で部署の人たちに接していらっしゃいました。とても尊敬している方です。
 4月から後継に就く方は、同じ女性でも真逆をいくような世知辛いタイプの方で…。
 今までのように働くことができるのか、もしかすると分からないな、と思っています…。

 2月に旦那さんの職場が変わり、春からは私の方の環境が変わっていきそうです…[ふらふら]。いつまでも同じ、というわけにはいかないのですね…。


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
カウフマン周期 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。