So-net無料ブログ作成
検索選択
妊娠初期 ブログトップ

2回目の健診 [妊娠初期]

 まだ暑い日が続いていますが、夜になると虫たちが奏でる良い声が聞こえてくるようになりました。空に浮かんでいる雲も、秋の雲です[曇り][三日月]

 もうすぐ8月も終わりですが、こんなに長い1か月が今まであっただろうか、と思うくらい、この8月は長かった[ふらふら]…(まだ終わってないけど…[たらーっ(汗)])。
 そろそろ抜けると思われたつわりがなかなか抜けず、気持ち悪さを感じる日々が続いていました。気温が高くて暑く、高温が続いている私自身も暑くて、気持ち悪さが続いていたので、ついつい冷たいものに手が伸びていました。
 暑さのピークを迎えていたお盆休みの頃、激しい腹痛と下痢で思いっきり体調を崩してしまいました。夜もよく眠れないことが多くて、体力が低下し夏バテしたのだと思います。うだるように暑いのに、口にするのは毎日お粥やうどん、ぬるいポカリばかり…。エアコンもずっとつけていると気持ち悪くなってきてしまうので(あたしゃ年寄りかっ[ダッシュ(走り出すさま)]、横になっているのもしんどかった…[もうやだ~(悲しい顔)]

 激しく下痢をしたので、赤ちゃんに影響がないかとても心配していました。栄養がいってないんじゃないか、とも思ったり…。

 妊婦健診まであと1週間、というところで基礎体温が徐々に下がり始めて、健診前に病院に行った方がいいのか、かなり迷いました。基礎体温はその内下がってくる、と聞いてはいたけど、確か15週以降だと記憶していて、 ちょっと早いんじゃないか、と思ったのです。

 他にも、おりものシートにうっすらピンクのものがつく日がずっと続いていたりして、毎日不安を抱えていました。病院に行きたい気持ちを抑え続けて、やっと健診の日を迎えました。

14w4d

 私はこの日をどんだけ待ちわびたのさっ[exclamation&question]、と思いつつ、不安いっぱいな気持ちで分娩予定の病院へ行きました。受付をした後は受付表と受診表、母子手帳を産婦人科のクラークの方へ渡し、採尿→体重・血圧測定をし、プリントアウトされた測定結果をクラークの人に渡してから、順番が来るのを待ちます。

 1時間ほど待って診察室へ呼ばれました。不安に思っていたことや最近の症状などを話した後、超音波で赤ちゃんの様子を見ることに。

 まず、出血がないかどうかを確認してもらい、子宮からの出血はない、と言われました。とりあえず大丈夫なようです。。。

 その後、超音波の機械が入り、しばらく沈黙が…。モニタを使用する時は室内の電気が落とされるので、診察室の中は暗いのです。目をつぶっていると真っ暗で、赤ちゃんもこんな風に真っ暗な中にいるのかなー、と思いながら、祈るような気持ちでカーテンが開けられるのを待っていました。

 内診台を囲っているカーテンが開けられ、モニタを見せてもらいました。赤ちゃん、大きくなっていますよ[わーい(嬉しい顔)]、と声をかけられ、心から安堵しました。 

 大きさは75.6㎜。以前はチカチカしていた心臓も、ドクドクと力強く動いているのが良く見えました。この日は赤ちゃんに余り動きがなくて、どうしたのかなー?と思っていたら、手足をゆらゆら動かし始めました。まだ2.5頭身くらいで、手もドラえもんみたいに見えるんだけど、足がはっきり見えてよく動くようになりました。嬉しくて、無事でよかった…[exclamation]、って何度も思いながらモニタを見ていました。

 特に問題はない、ということで、4週間後にまた健診、となりました。あぁ…、また4週間後か……[もうやだ~(悲しい顔)]。次回からは別の診察室で受診になり、経膣ではなくお腹の上からあてる超音波になる、ということでした。

 前回の健診後に採血をした血液検査の結果もでていました。梅毒や各型肝炎、HTLV-1、風疹など、必要な項目が一斉に検査されていたのでした(どーりで、補助券使ってるのにめちゃくちゃ高かったわけだ……)。検査はすべて問題ないとのこと。血糖やタンパクも出ていないので、今のところ赤ちゃんも私の方も特に問題はないようです。

 前回の健診の時には、この後採血や保健指導があって更に待たされたのですが、この日は診察のみだったので、これで終了。安心し過ぎて、ちゃんと身支度していなかったらしく、Tシャツがめくれて変になっていたのを、待合の椅子にかけていたおばさまに直してもらいました…。恥ずかし~[あせあせ(飛び散る汗)]

 私がまだ分娩の病院に慣れていない、ということもあると思うのですが、やっぱりキネマが良かったな~、と感じます。自分がいかに恵まれた環境で治療を受けていたのか、他の一般の病院に行くようになって初めて分かりました。それは施設や設備の面ではなくて、やっぱり「人」なのかなー、と思うのです。あのきめ細かい対応はなかなか望めるものではないのだな、と…。キネマで分娩まで出来ればいいのにな―、と思ってしまいました。

 

 妊娠4カ月に入れば少しは安心できるだろう、と思っていたのに、少しも安心することなく、もうすぐ妊娠初期の時期が終わろうとしています[たらーっ(汗)]

 つわりは確かになくなりつつあって、最近、夕食が普通に食べられるようになってきました。でも気持ち悪さはまだ残っていて、特に夕方以降気持ち悪いというか、具合が悪くなってきてしまいます。それでも、ピークだった時と比べると、随分楽になっています。

 13w頃から下腹部がでてきているような気がしていて、体重が増えているせいかなー?、と思っていたのですが、最近、明らかに前へせり出してきているのが分かるようになってきました[目]。触ると硬く張りがあるので、確かにこれは脂肪ではない(^^;。慌てて妊娠線予防のオイルを塗っております(といっても、もともと自宅にあったスイートアーモンドのオイルなのですが…)。傍目ではまだお腹が出ているのは分かりませんが、ストレッチの入ったワンピースなどを着ると一目瞭然になっています。
 オイルを塗っている時は妊娠している実感をダイレクトに持つことができます。私にとっての至福の時間となっております…[ぴかぴか(新しい)]

 下着ボトムスなどが、今まで着ていたものではしんどくなってきました。早いとこマタニティ用のものを調達せねば、と思っています…。

 もう1つ気になっているのは、肌がとても敏感になっていることです。今まで使っていた基礎化粧品で肌がピリピリするようになり、にきびが出来やすくなりました[もうやだ~(悲しい顔)]
 化学繊維の服を着ると肌がチクチクして、汗をかくと全身が痒くなります。綿とか、天然素材のものを着ればいいんでしょうけど、昨今の服は化学繊維で出来ているものばかりなのです(単に私がそういう安物の服しか持っていないからでしょーか…[あせあせ(飛び散る汗)]。 
 汗をかいたらシャワーを浴びると良い、と聞くのですが、こう暑いとシャワーを浴びた傍から汗をかいてしまいます…。もう、どーせーっちゅーねん[パンチ]、という感じ…。

 多分、生まれてくる赤ちゃんは同じくらい肌が敏感なのだろーなー、と思います。赤ちゃんが嫌な思いをしないためにどうしたらいいか、考えながら自分の肌ケアをしていきたいと思っています…。

 

 ちょっとずつ過ごしやすくなってきました。9月2週になれば安定期に入ることができます…。
 でも、4カ月に入れば…、と思っていても全く安心できなかったのと同様、安定期に入っても、結局安心できないのではないか、とも思っています[たらーっ(汗)]。それでも、少しずつ気持ちに余裕が出てきているのは確かです。

 時よ早く過ぎて、赤ちゃんと対面させておくれ~、と、つい思ってしまうのですが、そんな時ほど、ゆっくり毎日を過ごそう、と思うようにしています。今大事なのは赤ちゃんがその日の成長をちゃんとすることだと思うので…。私自身についても言えることなのかもしれません。ゆっくりゆっくり毎日を大事に過ごして、気がついたら次の健診だった[exclamation]、みたいなのが今の理想です。

 季節の変わり目が近いですから、気をつけてお過ごしください[かわいい]


nice!(0)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
妊娠初期 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。